2019年4月9日火曜日

ザ・バウンティ (The Bounty)

2方向レバー+2ボタン
ボタンはエンジンボタンと3方向ショット

リバーパトロールの続編で、ショットもできるようになったがコースの難易度もアップし全体的な難易度は前作よりかなり高い。
前作では船に穴があいていて浸水して沈む前にゴールするという設定だったが、今回は燃料制で燃料がなくなる前にゴールするという目的に変わっている。
面クリアすると残りの燃料がクリアボーナスとなる。クリアボーナスは面が進むごとにアップする。
渦に巻き込まれると前作同様に船首が上を向いたときにエンジンボタンを押さないと抜け出せず、この間は燃料が早く減る。
前作の「溺れる人」はブイに変更され、同様に100点から、連続で取るごとに200点、300点とアップして最高1000点まで点数が上がる。また逃してしまうと100点からやり直しとなる。人ではないので前作のように轢き殺してしまうことはない。
障害物に関しては、川を流れてくるものは丸太、対向船、機雷、亀で、対向船は下方向に弾を撃ってくる。時折空中をヘリコプターが不規則に左右に動きながら飛んでくる。岸からは砲台が横方向に弾を撃って妨害する。対向船と機雷、ヘリ、砲台はショットで撃墜できる。亀は前作のワニに該当し、触れてもミスにはならないが燃料の減りが一定時間早くなる。

2019年2月26日火曜日

ボーダーライン / スターレイカー (Brdrline / Star Raker)

4方向レバー+1ボタン
ボタンはショット(2連装で左右交互に発射される)

赤いジープ(スターレイカーの場合はスターシップ)を操作して敵戦地に乗り込み、敵の飛行機、装甲車、戦車などの攻撃をかわして燃料が無くなる前に敵の要塞を破壊すれば面クリア。
第一戦区から第四戦区までの4面構成で、4面クリアで1周クリアとなる。難易度は3周目まで。
敵の弾や体当たり、また燃料がなくなるとミスになる。

2019年2月3日日曜日

エンゼルキッズ (Angel Kids)

8方向レバー+8方向レバー

エンゼル2人を操って女の子をトランポリンのように受けたり跳ね上げたりして上空にあるゴールを目指す。
2つのレバーでそれぞれ左右のエンゼルを操る。上下は左右同じ高さで一緒に移動する。
タイミングよく2つのレバーを左右に開くように操作すると女の子をより高く跳ね上げることができる。
フラフラ動く障害物や風船は女の子をぶつけると壊すことができる。エンゼルは障害物等に触れてもミスにならない。
女の子を下に落としてしまうとミスとなる。

2019年1月6日日曜日

マンハッタン (Manhattan)

2方向レバー+1ボタン
ボタンはトランポリンのタイミング決定、スロットのストップ

ヘリで登場するデコぼうやをトランポリンで上空へ跳ね上げ、風船爆弾をかわしつつビルのバルコニー部分にバウンドして最終的に着地すれば面クリア。

着地条件は以下の通り
・左右のビルの屋上に着地(トランポリンの初速49の場合)
・落下速度07以下でバルコニーに着地
・ビル1Fのテント屋根に着地(スピードが速くても無条件着地できる)

風船爆弾や植木鉢、ビルの壁に触れたり、バルコニーに手以外が触れたり、画面外に行こうとしたり、また地面に到達してもミスになる。

2018年8月9日木曜日

キャンバスクロッキー (Canvas Croquis)

4方向レバー+1ボタン
ボタンはパネルの反転

敵に捕まらないようにフィールド上のパネルを全て表に返して絵画を完成させると面クリア。タイムボーナスは1万点から1500点づつ徐々に減っていき、クリアするとスコアに加算される。絵画は女性の絵で、面クリアする毎に脱衣していき4面で全裸となる。2人目は6面、3人目は6面で全裸となる。

パネルはオセロゲームの要領で表に反転したときに表と表の間の裏にパネルが挟まれるように存在した場合、裏のパネルが全てひっくり返る。また、表のパネルを反転すると再度裏に戻ってしまうので、その場合も裏と裏に挟まれた表のパネルは裏に戻ってしまう。

爆弾の場所でボタンを押すと爆弾がスタンバイされて爆弾を中心に3×3マスの範囲が赤くなり、起爆スイッチが出現する。その範囲にいる敵は動けなくなり、その間に起爆スイッチを押すと爆弾が爆発してそこにいた敵は爆発に巻き込まれて倒すことができる。(爆発したときにプレイヤーもその範囲に入ると巻き込まれてしまうので注意)
一定時間起爆スイッチを押さないでいると起爆スイッチは消えて爆弾は元に戻る。