2009年12月27日日曜日

リバーパトロール(River Patrol)

2方向レバー+1ボタン
ボタンは推進ボタン。放すと減速し、速度0になると川の流れにしたがって下り始める。
ボタンを押している間に左右に動くと船の向きも左右に傾くが、ボタンを離すと船首は上に向く。川を下っていると左右には動かない。

ボートを操作して障害物や岩などに当たらないようにゴールすれば面クリア。
溺れている人を助けると100点(船が真上を向いている状態で船の先端に触れると死んでしまう)。連続で助けると200点、300点、400点・・・1000点まで上がる。
途中で逃したり、殺したりすればまた100点からになる。


10点ずつ走行点が入り、ゴールまでで4460点
クリア時に残りの浸水メーター分だけ得点が加算される。

浸水メーター1目盛りにつき
1面~2面:10点
3面~4面:20点
5面   :30点
6面   :40点
7面   :50点
8面~9面:70点
10面以降:100点

障害物
ワニに触れると一定時間、浸水量の増加スピードが多くなる。
渦に巻き込まれると船が回転し、その間浸水量の増加スピードが増加し続ける(船の先端が上に向いたときにボタンを押せば脱出)。
赤い動く岩石は当ることのほうが困難なのであまり意識する必要はないかも。
流木、ドラム缶、船は同一の障害物として、出現場所は決まっているがどの種類が出てくるかはランダム。

障害物は一度画面に出した後、上、又は下にスクロールさせて画面から消すとそのまま消えてしまう。
ただし、溺れている人も画面から消すと消えてしまうので、その場合はまた100点からになる。

マップの種類は1面~16面
17面以降、10面~16面の繰り返し
(マップの最後はデモ用のコースです。)

その他
・ワニは1度ボートの横に位置させない限り消すことはできない。上に消したワニは下から出てきてしまい、ボートの横に位置させなければそのまま下に消しても再び上から出てくるだけである。
・ワニは画面上1匹だけしか存在できないので、ワニがいる状態で次のワニの出現ポイントに行くと、ワニの出現はキャンセルされる。
・溺れている人は画面内に最大3人までなので、画面内に3人いる状態で溺れている人の出現ポイントまで行くと出現はキャンセルされる。
・マップは内部的に上下がつながっているので、下に消えようとする障害物等が上の岩に引っかかってしまう場合がある。
・100面はマップがバグっていて16面のマップに壁が全体に上書きされてしまっていて、自動操縦の間に壁に激突して沈没してしまうのでクリア不可。よって、ラス機まで残機潰しをしてから100面まで行くというのがハイスコアへの道か。
・障害物や溺れている人は、出現位置ぴったりまでスクロールさせ(1ドットでも過ぎたら失敗)、出現させたら一度下に1ドット以上スクロールさせて、再び出現位置ぴったりまでいくことで、同じ場所で何度も出現させる事ができる。(障害物と溺れている人はそれぞれ画面内には最大3個まで)
・一番下まで下がるとボートが自動操縦になり岩に激突して沈んでしまう。
・BGMは「アメリカン・パトロール」


稼ぎつつ、100面までやってみました。


マップ
リバーパトロール

2 件のコメント:

  1. 私も100面まで行きましたよ。手も足も出ないとかんじですごい衝撃でした。ちなみにほぼノンストップ航法でやってました。

    返信削除
  2. 後半はノンストップだと厳しいです。
    特に13面、16面

    返信削除